生活保護


  申請に行ってきました。

  残念ながら?僕の分ではないです(汗)


  実は若松のアパートで3ヶ月ほど家賃を滞納している方がいまして

  今のところ不動産屋さんに対応を任せていたのですが

  なんか頼りないので

  こうなったら自らカチコミに行くしかない!


  
  今日は鬼の仮面で対応してやる!

  と勢い込んでいったのですが

  出てきたおばあちゃん

  随分とやつれてます。


  
  話を聞くと病気で入院してたのですが(おそらくガン)

  お金がなくて治療をやめたらしい。


  『ご迷惑おかけします。お金がないんです。

   主人もここで亡くなったので、私もここで最後を迎えたいんです

   ガスも止められています。どうしていいかわからないんです』


  こんな話を聞いては見てみぬ振りは出来ません。


  
  初めての経験ですが、代わりに区役所に行って

  ケースワーカーさんに相談しました。


  とてもいい方で

  仕事が終わってから自転車でおばあちゃんをたずねていただき

  僕に連絡をくれました。


  『急いで手続きを開始します!』

  との事

  そして『大家さんが代わりに相談に来たの初めてです』とも


  入居者様のためだったらこれくらい当たり前ですよね。


  色々議論の多い生活保護問題

 
  今回は大げさではなく命を救うことが出来るのではないでしょうか?
by santaleaf | 2012-06-23 02:39 | アパート | Comments(0)

北九州でリノベーション やってます   DIY  ガーデニング  など紹介してます


by santaleaf
プロフィールを見る
画像一覧