真壁と大壁

  天気が悪いので

  今日もリノベです。


  昨日は砂壁に直接4mmのベニヤを打ち付けました。

  この工法は部屋の柱をだす仕上りとなり 『真壁』とよばれます。


  
e0138066_23533228.jpg



  今日は気分を変えて柱を隠す仕上げの『大壁』を作ってみました。

  まずは

  柱からへこんでいる砂壁に板を打ち付け

  柱と『出』をあわせます。


  今回は15mmへこんでいましたので

  15mmのバシ板を使いました。


  
e0138066_023486.jpg



  そして今日はベニヤの替わりに石膏ボードを使いました。

  どちらも一長一短がありますが

  石膏ボードのいいところは

  カッターで切れますので

  丸ノコを使えない人にはおススメです。


  
e0138066_065343.jpg



  大壁ですので柱が隠れてすっきりしました♪

  

  


  
[PR]
by santaleaf | 2016-01-22 00:10 | リノベーション | Comments(2)
Commented by 慎太郎 at 2016-01-23 00:26 x
教えてください。ベニヤはタッカーで留めているのでしょうか?
また、バシ板はビスで砂壁に留めるのでしょうか?
Commented by santaleaf at 2016-01-23 21:44
慎太郎さん
ベニヤは木工ボンドと細ビス(全ネジ)です。
エアータッカーが一般的ですが
僕は持ってないんです(涙)
バシ板はビスで留めています。
基本柱に沿ったところには桟がありますのでそこに打ちます。
<< スキップフロアー リノベ開始 >>